press to zoom
11.11-4
11.11-4

press to zoom
IMG_0172
IMG_0172

press to zoom

press to zoom
1/6

SAVE A PET​

​​​​​

​犬猫のために日々頑張っている、香川県の譲渡ボランティア・啓発ボランティアの団体・個人の情報をお届けします。

「香川県庁」「高松市」「香川県内の保健所」「さぬき動物センター」(しっぽの森)、さらに「環境省」など、行政から発信される情報をお届けします。

★ NEWS

愛され猫育成プロジェクト  ー 三豊市 自治体クラウドファンディング ー

​ 今日も野良猫は過酷な環境の中、必死に生きています。生まれては捨てられる、餓死する、カラスにつつかれる、病気や事故で死ぬ、地域のトラブルの元となり疎まれる。こんな悲惨な現状を一体いつまで繰り返さなければならないのでしょうか。三豊市を「居場所」とする人と猫が幸せに暮らして行けるように、ボランティア・保健所・市が協働で取り組みます。

   クラウドファンディングの内容

     【寄附窓口】 ふるさとチョイス・さとふるクラウドファンディング

     【目標額】   各サイト100万円

     【受付期間】 令和4年9月1日~令和4年10月11日

   寄付金の使い道

     ①「野良猫」及び「飼育放棄猫」の不妊去勢手術費補助金

     ②「保護が必要な猫」が発生した場合、治療費や消耗品費への補助金

                                               

                                                                   

                             *お問い合わせ

                                香川県三豊市役所 

                                 政策部 財政経営課

                               TEL (0875)73-3010                          

                               FAX (0875)73-3022

           

2022.9.6A.PNG

おでかけ! しっぽの森 

​   ㏌ さぬき空港公園

​ さぬき動物愛護センターしっぽの森が、さぬき空港公園に出張して、

犬のしつけ方教室を行います。

 

日       時:令和4年10月15日(土)

             雨天中止

場       所:さぬき空港公園 

            アドベンチャーゾーン

参加対象:1歳未満の犬とその飼い主

申し込み :9月24日から電話で先着順

             TEL(087)849-1011 

                   8:30~17:15(月曜日休館)

2022.10.6.PNG

犬は人間のストレスを嗅ぎ分けられる。新研究で明らかに!

​ 犬は鋭い収穫を持っていますが、その能力は人間のストレスの嗅ぎ分けにまで及ぶ、という新研究がオンライン科学雑誌「プロスワン」に掲載された。

 ストレスを感じた時、人間の汗や息の中に含まれる物質が変化することがわかっている。この変化を犬が嗅ぎ分けられるのか、調査を実施したのはイギリスのクイーンズ大学ベルファスト校とニューカッスル大学の研究者たちである。

 ストレスのかかるタスクを与えられた人間の息と汗のサンプルを犬に嗅がせたところ、93.75%の正確さで嗅ぎ分けられた。犬の優れた臭覚能力は、コロナ探知でも使われたが、今回の実験では、病気や健康状態だけでなく、人間の精神的な状態に関連したにおいも嗅ぎ分けられる可能性があることを示している。一方で人間のネガティブな感情を読み取っているかどうかまでは明らかにならなかった。

 「ストレスに関係したにおいの嗅ぎ分け能力を解明することで、人間と犬の関係についてさらに深い知識を得られます。また、精神的なストレスにおけるにおいの要素を知ることで、今後においをベースにしたPTSDやメンタル面での介助犬について、さらに深い議論を発展させられ

る可能性があります」と、クイーンズ大学ベル

ファスト校博士課程のクララ・ウィルソン氏が

ツイートしている。

 ーハフポスト 2022.9.29ー

                

2022.9.30.PNG

犬猫不妊助成2匹に拡充へ   ー 丸亀市 ー

​ 丸亀市は13日、ペットとして飼育されている犬猫の不妊・去勢手術費補助について、同一年度に1世帯当たり1匹としている制限を2匹に拡充する方針を明らかにした。市によると、直近2021年度の補助件数は715件(犬210匹、猫505匹)で、18年度の550件から1.3倍に増加。近年は複数飼育する世帯も増えていることから、「望まれない子犬、子猫の出生を抑制できる」とし、1匹当たり上限3千円の助成額は据え置く見通し。              四国新聞 2022.9.14

犬猫ペット用品いかが  ー 丸亀市・マルタス 地元業者が展示販売ー

​ 丸亀市大手町の市民交流活動センター「マルタス」で9月12日、犬猫向けのペット用品を集めた展示販売が始まった。「ちいさな家族のいのちのために」をコンセプトに企画、製造されたペット用の食器やおもちゃ、デンタルケア用品などを並べている。18日まで。

 同市富屋町のインターネット関連会社が、今年1月に新規事業として立ち上げたブランド「DR.Pettle(ドクターペトル)」が出店。 同ブランドは犬猫の殺処分の減少を目標に掲げており、収益の一部は犬猫の保護活動に役立てられる。

                                  四国新聞 2022.9.14

犬殺処分ゼロ継続は綱渡り

​ 保護犬や迷い犬の殺処分数が2012年度までの8年連続でワースト1位だった茨木県で、16年に施行された条例が実を結び、21年度の犬の殺処分が0件となった。県生活衛生課は「県民への啓発などが奏功した」と胸を張る。ただ、現場や愛護団体からは、「ゼロを継続するには課題も多い」との声もある。

 収容後に譲渡先が見つからなかったり、病気や性格上の問題から「譲渡不適」と判断されたりした犬猫が殺処分対象となる。農家が多い茨木県では、放し飼いにしていた番犬が野生化、繁殖したため、特に犬の殺処分が多く、1990年度には18,600件。県は16年、当時「全国初」だった殺処分ゼロを目指す条例を施行。飼い主の責任を重視し、マイクロチップ装着や繁殖制限を求め、犬の放し飼いの指導を明記。販売業者や譲渡者には、飼い主が死ぬまで世話できるかどうかを確認する責務も課した。また、地域猫活動や動物愛護団体への支援、去勢手術に補助金など、幅広い対策を行って「殺処分ゼロ」を達成してきた。

 しかし、「ゼロ」達成の陰には、行き場のない犬たちがとどまっている現実がある。県唯一の収容施設「動物指導センター」では、8月上旬で約200匹の犬が収容され、「譲渡不適」の犬があふれ、吠え声が響く。「頭数が増えて過密状態で、生活環境が適正とは言えず、運営はギリギリ」とセンター長は言う。

 愛護団体からも悲鳴が上がる。「殺処分ゼロの実現には、愛護団体の貢献も大きいが、それらのシェルターも飽和状態」と話す。野犬の他、多頭飼育崩壊や飼育放棄などが原因で、県の新規収容数は1日に10匹

になることも。

 「新たに収容される数が減らないと、殺処分ゼロ

の継続が難しくなる」「不幸な命を生まないために、

飼い主への啓発を進めることが重要だ」と、関係者

は口をそろえた。                      

    ー 2022.8.23 四国新聞 ―

2022.8.24.PNG

イヌも「うれし涙」

​ 何時間も離れていた飼い主と再会できたイヌは「うれし涙」を流すー。麻布大(相模原市)などのチームが、こんな研究結果を科学誌カレントバイオロジーで発表した。大好きな飼い主との再会に気持ちが高ぶって「絆形成ホルモン」とも呼ばれるオキシトシンが分泌され、涙の量が増えた可能性があるという。

 麻布大の永沢准教授によると、動物が目の保護のため涙が出るのは確認されていたが、心が動いた時にも涙が出る可能性を確認したのは初めて。

 飼い主と離れさせたイヌ18頭について、5~7時間後に再

開した時の涙の量を調べると、離れる前よりも1割程度増え

ていた。別の22頭と飼い主ではない人との組み合わせでは

、このような変化はみられなかった。

 「人にとって目は重要で、涙を見せるイヌを可愛がって

きた。長い家畜化の歴史で涙を出す性質を獲得した結果、

種を超えて人と親密な関係性を持つようになったのだろう」

(永沢さん)        ー 2022.8.26 四国新聞 ー            

2022.8.26.PNG
闘病の子、犬が寄り添う
  病院に常勤して闘病中の子どもを支える「ファシリティドッグ」の導入が広がっている。子どもと触れ合うだけでなく、麻酔時なども寄り添って不安を和らげる。小児医療を支えるパートナーとして認められ、導入病院は4カ所にまで増えた。いっそうの普及には活動資金の確保や国内での育成システムの確率が課題になる。ファシリティドッグは、欧米では2000年代から普及し始め、国内では静岡県立こども病院が10年に初めて導入し、現在は神奈川県立こども病院センター、東京都立小児総合医療センター、国立成育医療研究センターの4病院で活躍している。 国内での普及に取り組む認定NPO法人のシャイン・オン・キッズによると、1日当たり平均10~20名、年間では延べ2000~2500人を訪問するという。
 患者と触れ合うのはセラピードッグと共通するが、訓練を受けたファシリティドッグは麻酔時や、背中から針を刺して脳脊髄液を採取する検査「腰椎穿刺」など、医療処置時にも付き添うことができる。月2回ほどの訪問が多いセラピードッグに比べ、病院に常勤しているので子どもや医療関係者らとの信頼関係を築きやすいという。
 手術後の歩行訓練を嫌がっていた小学校低学年の男児が、リハビリや治療に前向きに取り組むようになるなど、家族とも離れて闘病生活を続ける子どもにとって、その存在は大きい。特にコロナの影響で家族との面会も制限される中、痛みを伴う腰椎穿刺のような検査時に寄り添うファシリティドッグを、子ども達は治療を乗り越える仲間のように感じているという。
 しかし、ファシリティドッグは盲導犬
や介助犬とは異なり法的に認められ
ていない、育成にかなりの費用がか
かるが資金の8割は企業や個人から
の寄付に頼っているという資金面、
またファシリティドッグとハンドラーの
安定的な育成を計画的に進めていく
ことなど、課題も多い。
 ― 2022.5.10 日本経済新聞 ―
2022.5.12.PNG

​犬猫について、国内のおすすめ情報、世界のおすすめ情報、ドッグラン、しつけ教室…などをお届けします。

★ 譲渡会情報

 *各情報についてはご自身でご確認ください。

 *来場される際は、各譲渡会でのコロナ対策に

   ご協力をお願いします。 

 
  「さぬき動物愛護センター(しっぽの森)」の開館
 時間内であれば、いつでも譲渡犬・猫に会うことが
 できます。
 
2022年
・10月2日(日) 11時~15時 子猫・犬
  場所:西村ジョイ屋島店 北側3階フロア
・10月9日(日) 13時~16時
  場所:スカイフレンドパーク新館
​        三豊市三野町吉津乙2125-1
・10月16日(日) 9時半~16時 保護猫
  場所:廣田神社内 廣田会館1階 
       高松市太田上町1037
 
・9月4日(日) 11時~15時 子猫・犬
  場所:西村ジョイ屋島店 北側3階フロア
・9月4日(日) 11時~15時
  場所:御厩(みまや)大塚古墳 高松市御厩町418-1
・9月11日(日) 13時~16時
​  場所:顕正寺境内 丸亀市土居町保護猫ハウスそら
・9月11日(日) 9時~12時 猫の譲渡会
  場所:動物病院光昇堂2階 三木町上高岡2338-10
・9月18日(日) 13時~15時半
  場所:さぬき動物愛護センター しっぽの森
     高松市東植田町1201-1 公渕森林公園隣接地
・9月18日(日) 9時半~16時 保護猫
  場所:廣田神社内 廣田会館1階 
       高松市太田上町1037
・9月18日(日) 11時~15時 子犬子猫
  場所:まんのう町新目391
・9月25日(日) 13時~16時
  場所:スカイフレンドパーク新館
​        三豊市三野町吉津乙2125-1
・9月25日(日) 12時~17時
  場所:保護猫シェルター『にゃんさと』
          三豊市財田町財田中3897-1
・9月25日(日) 11時~15時
  場所:西村ジョイ屋島店 北側2階
        ペット&フラワーフェスタ会場
・9月25日(日) 11時~15時
​  場所:まんのう町新目391
・9月25日(日) 11時~15時
  場所:御厩(みまや)大塚古墳 高松市御厩町418-1
・9月25日(日)13時~16時
​  場所:丸亀市土居町2-10-9 顕正寺内
*保護猫シェルター『にゃんさと』
   場所:三豊市財田町財田中3897-1
      営業日:木・金・土・第2.4日曜日
     営業時間:12時~17時
*保護猫ハウスそら
   場所:丸亀市土居町2丁目10-9
     営業日:月・火・金・土
     営業時間:10時~15時
​2022年 他府県で開催される譲渡会
・10月9日(日) 11時~13時
  場所:平等寺 因幡堂 北側ホール
       京都市下京区因幡堂町728
・10月16日(日) 11時~15時
  場所:大阪市交野市私市山手4-8-11
       京浜私市駅から徒歩約10分

犬猫チップ義務化の改正法

​ 犬猫の繁殖・販売業者に対し、飼い主情報を記録したマイクロチップの装着を義務付ける改正動物愛護法が2022年6月に施行された。

 ブリーダーやペットショップなどの業者には、販売用の犬や猫にマイクロチップを装着し、犬や猫の名前や性別、品種、毛の色のほか、業者名を国のデータベースに登録することが、また犬や猫を購入する際には、飼い主も氏名や住所、電話番号などを30日以内に登録することが義務づけられる。

2022.3.6.jpg

地域の野良猫管理活動支援  ―東かがわ市ー

東かがわ市は12月の定例議会で、地域に住み着いた野良猫の不妊去勢手術や管理を住民有志が手掛ける「地域猫活動」について、取り組みを支援する方針を明らかにした。

 同活動では、飼い主のいない猫の不妊去勢手術を受けさせ、適正な餌やりなどの世話も行っている。市長は「ふん尿被害などの問題解決の足掛かりになる」と述べ、新年度予算に活動に対する補助金を盛り込む考えを示した

            ー 2021.12.18 四国新聞 ー

2021年2月の定例香川県議会より

​ ーさぬき動物愛護センターにおける

        犬猫の譲渡対策などについてー

 これまでの取り組みの結果、収容数に対する譲渡数の割合は、昨年度の54%から61%に増加している。来年は、人馴れしていない犬なども譲渡できるよう、専門の訓練士により訓練や、試行的に犬猫を飼養できる「トライアル制度」を導入するほか、責任ある飼養などの啓発にも取り組む。

 「人馴れしない子は、殺処分になってしまう。でも時間をかけてあげると、だんだん慣れてくる子もいるんです。だから直ぐに殺処分せずに、預かってくれるところに少し任せてくれたらいいと思うんですけどね!」って、以前からボランティアの方達が願っていたことです。人から捨てられたり、怖い思いをさせられている子達を人馴れさせるには、かなり時間がかかり大変だと思いますが…。

 愛情をたっぷり注いでもらって、一頭でも幸せになる子が増えますように!

高松市 犬猫一次保護施設を新設へ

 高松市は、保護した犬猫を一時保護する施設を新たに整備する。建設地を9月議会終了後に公表した上で、基本設計に着手する。

 施設規模は約500~600㎡となる見通し。2022~23年度の完成を目指している。                              — 2020.9.1 縦通新聞より -

犬の引取り及び処分の状況(令和2年度)

​ 環境省から、令和2年度の犬・猫の引取数、返還数、処分数等について、各都道府県ごとの統計が発表されました。 香川県は処分数では、今回もワースト1位になってしまいましたが、数では昨年の半数近くにまで減少しました。また、譲渡数では今年もベスト3位となり、動物愛護センターやボランティアさん達が頑張っています! 県民のみなさんの関心も少しずつ高まってきていると思います。     
*負傷動物は数字に含まれていません
2022.1.5A.PNG
2022.1.11.PNG

犬の引取り及び処分の状況(令和元年度)

​ 環境省から、令和元年度の犬・猫の引取数、返還数、処分数等について、各都道府県ごとの統計が発表されました。 香川県は処分数では、今回もワースト1位になってしまいましたが、譲渡数ではベスト3位。さぬき動物愛護センターの開設と同時に、小さなボランティアさんたちの活発な活動が数字に表われていると思います。本当にボランティアさん達の頑張りには頭が下がります。今後、さらに県民の皆さんへの啓蒙啓発が深まり、救われる命が増えていく事を願っています。    *負傷動物は数字に含まれていません
スクリーンショット 2021-01-25 210027.png
スクリーンショット 2021-01-25 203523.png
今月の一冊  画像をクリックしてください

 それでもあなたは、その子を捨てますか?

減少傾向にあるといわれる犬の殺処分。
しかし、現実はいまも1万弱もの犬が毎年殺処分されている。
中でも「老犬」を捨てる人は増加傾向にあるという。
そんな実態と命を救う術、命の尊さを伝える写真ルポルタージ
ュ。

看取り拒否、介護放棄、老老介護破綻etc…。「殺処分ゼロ」目標の裏側でいま、老犬たちの命が危ない。

          老犬たちの涙

   “いのち”と“こころ”を守る14の方法

 

          児玉 小枝  (著)
            2019/9/27

​         KADOKAWA

ーどうか知って下さい。
老犬たちはなぜ、
愛する家族のもとで
天寿を全うすることなく
捨てられねばならなかったのか?

老犬たちが捨てられない社会をつくるには
どうすればいいのか?

本書を通じて、
捨てられた老犬たちの想いが
あなたの心に届きますように。

そして本書が、
彼らの尊い”いのち”と“こころ”を守り、
救うための一助となれますように。
そう心から願っていますー。

​             児玉小枝


 

今月の映画  画像をクリックしてください

 映画『ハウ』  — 声を失った犬が教えてくれる悲しみへの向き合い方と出会いへの感謝 ー

2022.9.4.PNG

  市役所職員の赤西民夫は、上司からの勧めにより飼い主に捨てられて保護犬になってしまった真っ白な大型犬を飼うことになる。民夫は人懐っこいこの犬をハウと名付け、民夫とハウは次第に絆を深めていく。そんなある日、突然ハウが姿を消す。必死にハウを捜す民夫だったが、ハウは遠く離れた青森の地にいた。偶然のアクシデントが重なり、青森まで運ばれてしまったハウは、大好きな民夫の声を追い求め、そこから民夫の待つ横浜まで798キロの道のりを目指す。 

  「ジョゼと虎と魚たち」「のぼうの城」の犬童一心監督がメガホンをとり、人と保護犬の絆を描いたドラマ。犬との絆を育む主人公を、田中圭が演じた。原作・脚本は、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「余命1ヶ月の花嫁」などで知られる脚本家の斉藤ひろし。

 田中が主人公・民生役を演じるほか、池田エライザ、、野間口徹、渡辺真紀子、石橋蓮司、宮本信子らが脇を固め、石田ゆり子がナレーションを担当する。

    

    2022年製作/118分/日本   配給:東映  劇場公開日 2022年8月19日   ー 映画.COM ー

​ 私たちにできること  *犬猫の飼い主としての責任については、香川県生活環境課のHPをご覧ください

① 犬猫を飼うときは、まず保護された犬猫から探すこと。     (さぬき動物愛護センター、行政・ボランティアが開催する譲渡会で)
② 保護された犬猫に飼い主が見つかるまでの間、お世話をする「預かりボランティア」をすること。
                                                      (香川県生活衛生課、各ボランティアで募集中) 
③ 寄附すること。                                                                                            (各ボランティアで募集中)
④ 自分の身近な人達に、この問題について話し伝えること。                                   (啓蒙啓発活動)

一人ひとりが、無理せず 「自分ができることをやる」 という姿勢が大切です!

 

ここをクリックしてください                     ここをクリックしてください                     ここをクリックしてください                

                                        ⤵     ⤵                                       

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.